Metal and Bike!!!

岩手のWR250R乗りのバイクブログ

Metal-and-Bike!!!

WR250Rで伊豆大島ツーリング⑤ 遥かなる旅路 さらば伊豆大島よ

【スポンサーリンク】

どうも、すじ肉です。
伊豆大島ツーリングの締めの記事です!ちゃっちゃと行きますね~。 

www.metal-and-bike.com

ダイビング後はラーメン屋へ

ダイビングショップを後にして、ちょっと遅めの昼食。
中華屋「山形」のネギ辛味噌ラーメン!

f:id:sujiniku5150:20180627193537j:plain

ダイビング後の体に染み渡るぜ~~!

で、こっからはもうやることがない。
このままどっか走り行きたいところなんだけど、ダイビング後は標高の高いところへは行ってはいけないのである!

※体内に浸透した窒素が急に抜けるとかそういう理由

まあ、あとは酔った後で気分がすぐれないっていう理由もあるがね・・・。

そのため、おとなしく宿へ向かう。

休んでから夕食

スマホゲーをやったり、露天風呂へいったりして時間をつぶしたら夕食の時間。

 

刺し身、きゅうりのキューちゃん、味噌汁、ご飯、焼き魚、豆腐の煮物。
(写真忘れた)

 

魚メインですね。伊豆大島では肉類が貴重らしく、島民たちは本土へ行くと必ず焼き肉を食べに行くそうだ。
言われてみれば、伊豆大島には焼肉屋さんがない気がする。
そのかわり、魚はたくさんあります!

夕食を食べて思ったことだけど、
伊豆大島では「適当に歩いて見つけたお店で飯を食べる」という行為が案外難しいです。
飲食店が少なく、営業していないお店も少なくない。
おかみさんも、夕飯を食べに行くときは予約して行きなよ!と言っていた。

つくづく、モノに困らない本土は恵まれていると思いました。

就寝

さて、翌日はとうとう最終日。
13:00着の船に乗り込み、20:00頃に竹芝ターミナルに到着する。
なのですが、この日は強風の予報で船が出向するか怪しい雰囲気が。

こういう場合は東海汽船ターミナルのホームページをチェックして、運行情報を確認します。
ジェット船は「未定」となっていましたが、大型船は「◯」となっていました!安心して寝れるぜ!
スヤア・・・

最終日

深夜の強風でやっぱり心配な運行状況であったが、依然「◯」だったので一安心。
交楽荘での最後の朝食。

f:id:sujiniku5150:20180627221818j:plain

キンメの焼き魚がうまかった!大島はキンメダイも有名みたいです。

f:id:sujiniku5150:20180629202211j:plain

そんなこんなで別れの挨拶を済ませて出発。
話してて楽しいおかみさんでした!ありがとうございました!

ちなみに、しまぽ通貨で支払いをしたので4000円ほど得しました。
2泊3日で実質14000円かな?

 で、まあそっからは岡田港へ行ってお土産購入して帰るって感じ。
東京から大島へ来るときは出港4時間前には港にいたので、今回も早めに港に到着。

AM9:00 岡田港

バイクと手荷物預かりのことを聞いてみると、なんと12:00を過ぎないと係員が来ないという。


え?
12:00って出港1時間前なんですが・・・

聞き間違えかと思ったけど、大島→東京間はそんなもんらしい。
東京から出発する便は伊豆諸島それぞれを巡るため、人数が多くて時間がかかるんだろう。よくよく考えたらそうだ。

だいぶ暇なのでおみやげ屋で暇つぶし。
そしてまさかのダイビングショップ店長のタダノさんと再開。

タダノさんのおすすめ土産は「牛乳せんべえ、椿あげ、明日葉」とのこと。
明日葉なんてどうやって持って帰るんですか!
と聞いたら、

f:id:sujiniku5150:20180629222834j:plain

ヘルメットの耳のところに差し込んで持ってかえればいいじゃん。と言ってた。


爆笑。やっぱおもしろいわこの人

 

なんでいるか聞いたら、客のお迎えとのこと。
5/3~5/5が世間の休日なので、この3日間は特に忙しいのだそうだ。

感謝の気持ちとダイビングと同じぐらい話してて楽しかったと伝えたら、
「そう言われるのも嬉しいね」
と笑っておりました(⌒,_ゝ⌒)

ありがとうございました!!

お土産で1時間悩む

さて、ここでお土産を何買うかなんだが、ここは非常にセンスが問われるところだ。
まず宛先なんだが、

  1. GWに会う友達用(適当)
  2. 両親用(適当)
  3. GW遊びに行く上司宅の奥さんと娘さん用(超重要)

の3つだ。
で、資金は2000円。
何故かと言うと、しまぽ通貨があと2000円分余っていたからだ。

いろいろ見て回ると、明日葉、ツバキ油関係の商品が豊富で、いかにも伊豆大島っぽい。他はスタンダートなお菓子やせんべえなど。

ツバキ油は特に商品が多くて、化粧水、ハンドクリーム、顔パック、トリートメントなど・・・女性向け商品がめちゃ多い!!

ここで選択を誤ると、上司家族の機嫌を損ね
「おみやげセンスのない男」という烙印を押されかねない!

女性が喜びそうなもので、あとは「アロマオイル」なんてのもあって
めちゃくちゃ悩んでたんだけど、近くの女性客が

 

「やっぱツバキだよね~☆」

 

とおっしゃっていたので、やっぱツバキだよね!となりました。
で、いろいろ悩んだ結果。
二人分必要で値段もそこまで高くないため
ツバキ油ハンドクリーム(500円)を2個購入!

友達用のは牛乳せんべえ(500円)
両親用にキンメダイふりかけ(500円)
を購入!

なかなかいい買い物したんじゃないかな?

暇つぶし後は昼食

昼飯はお土産屋2階の明日葉天ぷらそば

f:id:sujiniku5150:20180629201830j:plain

サクサクでうまい!
さて、もう12時を過ぎてしまったな・・・荷物預かりの人は来たかな?

荷物預かり所の係員が来ない

12時から20分ほど待って、ようやく係員がきた!
もう出港まで40分ぐらいシカナイヨ!!?

でもめちゃくちゃ急いで来たっぽいので何も言いません。

聞いてみると、昼の時間だけ離れた職場からここに来て手続きするのだそうだ。
昼飯を食べる時間もないらしい。
係員さん大変すぎるだろ・・・お疲れ様です。

さて、だいぶテンパりましたが無事に手続き完了!

さらば伊豆大島

13時に船が来るはずだったんですが、波の影響か1時間ほど遅れるとのこと。
うおーけっこう遅れるなあ。

ま、そんなこともあるよね。

 

で、14時頃到着し、無事に本土へ向けて出港しました!

f:id:sujiniku5150:20180629230105p:plain

あとは東京の実家へ帰って、無事に終了。
伊豆大島ツーリング、完!

まとめや反省点など

中学生っぽく、箇条書きでまとめてみる。

良かった点

  • やりたいことのすべてをできた。
  • ダイビングできた。
  • 裏砂漠爆走!
  • 色んな観光、ツーリングできた。
  • 色んな人と話せた。
  • 無事故、無違反!
  • キャンププランから民宿プランへ柔軟に変更できた。

悪かった点

  • インナーが冬用だったのでクソ暑かった!→ツーリング先の気候に適した装備が必要ですね。
  • ダイビングで酔った!→まあ仕方ない。
  • 立ちごけした!→車高が高いので地面が坂だとオットット・・・ガターン。疲れもありました。無理に両足を着こうとするのがいけないのかも。
  • キャンプ疲れ。→食料を買う量が少なく、体力の消耗が激しかった。非常食の重要性を知った。キャンプにこだわりすぎて疲れてしまうのも良くないですね・・・。
  • 温泉は一日一回入ろう!→疲れの取れ具合が全然違う。
  • ハイオク入れられるスタンドが少ない!!!
  • 荷物が少なすぎた。もうちょい快適な旅を目指すほうが良かったかな。主に夏用インナーとか暇つぶし道具とか欲しかった。旅の際は追加バッグの用意が必要かもしれん。エンデュリスタンとか
  • くさや食べ忘れた
  • 波浮の町、行ってない

以上。
なんだかんだ言って、ロングツーリングは大型バイクが楽ですね(⌒,_ゝ⌒)