Metal and Bike!!!

岩手のWR250R乗りのバイクブログ

Metal-and-Bike!!!

GW伊豆大島ツーリング チケット予約編

【スポンサーリンク】

あ~、砂漠走りたいわ~。
オフ車で爆走したいわ~。こんな感じで。

f:id:sujiniku5150:20180408173133j:plain

画像引用:

アブダビ・デザート・チャレンジ2014でHRCライダーが総合優勝 ラリー|ガルルWEB-バイクブロス

 

なぜ砂漠にはロマンがあるのか。
その謎を解明するため、我々取材班は伊豆大島へ飛んだーーーー

  

というわけで、
今年のGWは念願のオフ車で伊豆大島ツーリングに行こうと思います!

伊豆大島と言えば

裏砂漠ですよね!

f:id:sujiniku5150:20180408171356p:plain

引用元:http://oshima-navi.com/urasabaku/

最初にこの砂漠を知ったときは衝撃が走りましたね。
え!?日本に砂漠あんの?みたいな。
一度オフ車で走ってみたいな~と思っていたんですが、

  • ①島内には原付のレンタルバイクしかない(らしい)
  • ②島行きのフェリーは250CCのバイクしか積めない

以上の理由から、自前の250CC以下のオフ車を持ってないと砂漠走れないんですよね~。
そんな中、去年にV-stromを売ってWR250Rを買ったので

砂漠はしれるぞ!

ってことで念願の伊豆大島に行くことにしました!

伊豆大島への行き方

フェリーです。東海汽船という会社が運行してます。

www.tokaikisen.co.jp伊豆大島以外の島にも運行してますね!三宅島とか。
注意点は2種類のフェリーがあること。

  • ジェット船
  • 大型客船

ジェット船はめっちゃ早いけど、バイクの積載が不可

f:id:sujiniku5150:20180408174409p:plain

めっちゃはやそう
大型客船はジェット船よりかは遅いけど、バイクが積める

f:id:sujiniku5150:20180408174603p:plain

バイクでいくなら大型客船一択ですね。

必要なチケットと予約のやり方

普通に行くだけなら乗車予約だけで良いですが、バイクを積んでいくなら別途でバイク積載の予約が必要です。(以下、乗車券とバイク券と表記)
2種類予約しないといけない点が面倒ですね。

①乗車券

f:id:sujiniku5150:20180408180356p:plain

②バイク券

f:id:sujiniku5150:20180408180433p:plain

北海道や九州に行くときのフェリーはデフォルトでクルマ・バイクに対応しているので楽だったんですが・・・。
で、乗車券とバイク券が両方空いてるタイミングを狙って予約しないといけないので大変です。
インターネットでらくらく予約とかありません。なにそれおいしいの?
一応、乗車券とバイク券の予約状況はネットで確認できますが、リアルタイム更新ではないので注意が必要です。

予約開始は2ヶ月前から。
自分が調べ始めたのが3月3日とかだったんで、すでに予約始まってました・・・
やべ、空きないかも・・・急がなきゃ!

翌日には予約電話を入れました。

まずは席数が少ないと思われるバイク券の方に電話。
行きと帰りの分で空きがあると確認しましたが、

「乗車券の方は予約されましたか?」

とのことだったんで、先に乗車券を予約しないとダメなようだ。
まあ、乗車券予約してバイク券取れないパターンは嫌だったしね。

その後、乗車券の方を予約して、バイク券のほうも予約完了!
なんとか2つチケット取れましたが、空きの確認と電話予約しか受け付けてないのが面倒だった・・・。

電話予約なので確認メールとかありません!メモを取りながら電話しようね!お兄さんとの約束だ!

日程とやりたいこと

日程は3泊4日にしました。
せっかく行った日が雨だと嫌なので、ちょっと長め。
それと、、、これもやってみようと思ったんです!

 

 

f:id:sujiniku5150:20180408181242p:plain

 

ダイビング!!!

 

以前から興味はあったんですが、伊豆大島はダイビングでも有名っぽいんですよね!
なのでやってみることにしました!

ライセンスがなくても体験コースならできるらしいので、初心者でも安心や。
ダイビングショップは14箇所ぐらいあるみたいなので、予約・・・いるのかな?
後で調べてみよう。

 

あとは最初にも述べましたが、砂漠大爆走ですね。

絶対気持ち良いですよね・・・
車両通行できないところが多いらしいけども、多少は砂漠の楽しみを味わえるっしょ!

 

というわけで、伊豆大島ではダイビング砂漠、もちろんキャンプも楽しむ予定。
いや~楽しみだ!

 

伊豆大島に向けてWRのカスタムやキャンプ道具の準備を進めているので、その話題も記事にしていきたいと思います。

以上!